ギャンブルに関するトリビア40選

  1. フィンランドのギャンブルは政府によって管理されており、利益は慈善団体に寄付されている。
  2. モンテカルロのカジノには、モナコ国民は入場できない。その代わり、住民は税金を払わなくていい。
  3. 世界初のカジノはイタリアで生まれた。
  4. 世界最大で最も収益性の高いギャンブル都市は、ラスベガスではなく、マカオである。
  5. 日本でのギャンブルは違法だが、日本人が開発した抜け道を使えばスロットができる。
  6. ディーラーがチップを盗むのは、カジノでよくある犯罪の一つである。
  7. アメリカ初のカジノ営業ライセンスは、1920年にマミー・ストッカー氏がノーザン・クラブ(Northern Club)用に発行したものである。
  8. 世界初のオンラインカジノがインターネット上に登場したのは1994年である。
  9. ネバダ州ではギャンブルはとても人気があり、かつては受刑者も利用できた。

  1. しかし、ネバダ州では宝くじを買うことができない。
  2. アメリカでは、成人の80%が年に一度はギャンブルをすると言われている。
  3. しかし「問題ギャンブラーまたはギャンブル依存症」に分類されるギャンブラーは、わずか23%。
  4. 世界最小のカジノは、タクシーの後部座席にある。
  5. クルーズ船のカジノのオッズは、陸地でのオッズよりもずっと悪い。
  6. カジノで最も古いゲームと言われているケノは、古代中国で2000年以上前に生まれた。
  7. 記録によると、現代のトランプに見られる4つのマークとデザインを考案したのはフランス人である。
  8. 世界中で毎年7000万枚以上のトランプが販売されている。
  9. ポーカーでロイヤルフラッシュが出る確率は0.0032%である。 
  10. ワールドシリーズオブポーカー優勝の最年少記録は24歳。
  11. ポーカーは最も人気のあるギャンブルカードゲームで、史上最も長く続いたポーカーゲームの長さは約8年である。
  12. ラスベガスでバカラをしている人の70%はアジア人。
  13. スロットは最初、自動車整備士が整備工場で待つ人のための娯楽として発明された。
  14. ペニースロットマシンは、他のどのゲームよりもカジノの収入源となっている。
  15. ラスベガスのカジノでは、ほとんどの人がスロットをプレイしている(68%)。
  16. スロットマシンで獲得した史上最高額の賞金は3970万ドル。オンラインスロットでは1780万ユーロ。
  17. ルーレットは最も古いカジノゲームである。
  18. ルーレットの数字をすべて足すと666になることから、このゲームは「悪魔のゲーム」と呼ばれている。
  19. アメリカンルーレットは、ヨーロピアンルーレットよりも勝つのが難しい。
  20. ゲーム内ガチャは、国によってはギャンブルとして規制されている。

  1. オーストラリア人は、どの国の人よりもギャンブルでお金を失っている。
  2. 1800年代に世界で最も人気のあったスポーツの1つは競歩(1,000時間で1,000マイル)で、人々はそれで賭けをしていた。
  3. ギャンブルサイトは世論調査よりも選挙結果を予測するのに優れている。
  4. 俳優のベン・アフレックはカードカウンティングができるため、ハードロックカジノへの出入りを禁止されている。
  5. ドストエフスキーは、1ヶ月で本を書けるかどうかで出版社と賭けをして、自分の全作品においてこの賭けに勝った経験がある。
  6. 教皇選挙への賭けには500年以上の歴史がある。
  7. カジノへの入場を自主規制する、独自の「自主的排除」プログラムがある国がある。
  8. ブラックジャックの元々の名前は「ヴァンテアン(Vingt-et-un)」(21)だった。
  9. ブラックジャックで,ハウスに勝つためにカードカウンティングするのは実は合法である。オンラインブラックジャックではカードカウンティングはできない。
  10. ブラックジャックで 「パーフェクトストラテジー」を使った場合,カ ジノはプレイヤーに対して2%のアドバンテージしかない。
  11. かつてイギリスのアンダーグラウンドギャンブラーは、逮捕されるのを避けるためにサイコロを飲み込む習慣があった。